Androidスマホのgoogle音声入力が便利。使い方・メリット・デメリットまとめ

こんにちは。会社員飽きたので辞めちゃいました、たまりこ@tamariko_mediaです。

検索でこの記事にたどり着いた方は音声入力を使ってみたいと思っているでしょう。
私もこのブログを書く時にスマホでワードプレスアプリを使って書いていることが多いのですが、スマホのフリック入力がとても苦手で速く入力出来る良い方法がないかなと探していました。
色々調べてみた結果、音声入力がどても便利だと言うことが分かりました。その中でもGoogle音声入力と言う一番シンプルな方法が評判が良かったので使用してみました。
これが結構使いやすく、反応も良くスラスラ喋ってもほとんど間違わず感知してくれます。とてもおすすめなので紹介したいと思います。

Google 音声入力を使うための事前準備

Google音声入力を使う為にスマホ自体の初期設定を確認する必要があります。OSの種類によって若干の違いがあるかもしれませんがAndroidスマホならそこまでの違いはないと思います。画像を見ながら進めていけば問題ございません。

Androidの初期から入っている『設定』アプリを開きます。

言語と文字入力という項目を触りたいので『システム』を選択します。

『言語と文字入力』を選択します。

言語が日本語になっているか確認して下さい。デフォルト設定では日本語になっているので基本的には問題ないと思われます。

万が一日本語以外になっていたら『言語』を選択して、次画面の『言語の追加』から日本語を追加しましょう。

次に『デフォルトのキーボード』を選択します。

キーボードはどれを選択しても良いです。下の『入力方法の設定』を選択します。

『Google音声入力』の項目が自動になっているか確認して下さい。この項目がオフになっている場合オンにしておきましょう。

これで事前に確認するべき項目の設定は完了です。次からいよいよGoogle音声入力を使ってみましょう。

Google 音声入力の使い方

それでは実際にGoogle音声入力を使って文字入力をしてみましょう。何か文字入力できるアプリを開いてキーボードを起動します。私の場合メモ帳を使って試しています。

キーボードの右上に『マイクボタン』がありますので選択します。

このように緑のマイクボタンが出たら成功です。この状態でマイクに向かって話すと文字が入力されます。

一時停止したい場合は緑のマイクボタンを押すと白色に変化するので一時停止出来ます。

後はスマホに向かって喋って、このように連続で入力していくだけです。連続で話すと文章が繋がるのですが、少し時間が空くと半角スペースが入ります。
文字を消したい場合はマイクボタンの右側のバツボタンを選択すると消せます。
終了したい場合は右上のバツボタンを押せば終了できます。

入力した文字には下線が引かれていて、それで1つの固まりになっているのが分かります。
文章部分をタッチすると間違えて認識したであろう文章を、正しいと思われるいくつかの選択肢の中から選ぶことが出来ます。今回はパターンとバターを間違えて認識したので文章をタップします。するとこのように正しいと予測される変換パターンが出て来るので任意で選択します。

以上、Google音声入力の基本的な使い方の説明でした。
雑でも良いので音声入力で素早く入力して、後から細かいところを修正する使い方が一番便利かなと感じました。

Google 音声入力のメリット

素早く入力できる

音声入力を使うメリットの9割ぐらいはこれといっても過言じゃないでしょう。

実際に体験してもらえれば分かると思いますので是非体験して欲しいですね。

考えながら文章を書くといくらキーボード入力やフリック入力が早い人でも喋るというスピードには勝てません。

私の場合スマホのフリック入力に慣れていないというのもあって、圧倒的に音声入力の方が速いです。

単語や文章を認識する能力が高い

私は滑舌にはそこまで自信がある方ではないのですが、それでもほとんどの単語でしっかり反応してくれます。

また連続で喋った時に前後の文法から予測して最適な言葉を選んでくれるので、初めはおかしな認識をしたとしても 一通りしゃべったら結局は正しい文章になっているということが多いです。

少しおかしな反応したとしても文章を選択して最適なパターンを選択できます。その中にだいたいは最適なパターンが入っているので凄いです。

声が小さくても周りがうるさくても反応してくれる

私は寝る前の布団の中でボソボソ声でブログを書いていることが多いですが、すごく小さい声でも反応してくれます。逆に横で子供が騒いでいる時に音声入力してる場合もあるのですが、なぜか子供の声よりも私の声を優先的に拾ってくれている感はありますね。

高齢者の方に特におすすめ

こちらは機能とは直接関係ないのですが 、使ってみた感触として高齢者の方にかなりおすすめだと感じました。

LINEやメールなどでやり取りする時に面倒な入力は一切いらずマイクボタンを押して喋るだけなのでとても簡単だと思います。

Google 音声入力のデメリット

考えながら喋ると 半角スペースだらけになる

連続して入力すれば問題ないのですが、だいたい1秒以上経つと半角スペースが空いてしまいます。

なので考えをまとめていない状態で喋り始めると半角スペースだらけになってしまい、後から修正が大変ということにもなりかねません。

固有名詞に弱い

こちらは私が色々文章入力してみて感じたことです。固有名詞、特に友達同士でやり取りする時にきみやあなた等でしか呼び合えないので不便かなと思います。

共通語以外には弱い

仕方がないことですか普段当たり前のように使用している表現でも意外と反応してくれないことがありました。標準語で話すと反応してくれます。

まとめ

スマホで音声入力のやり方を探している方は、一度Google音声入力を使用してみてはいかがでしょうか。
Androidスマホの方はデフォルで使用出来ます。使ってみたら分かるのですが現在の音声入力の技術の進歩に本当に驚かされます。

私が普段から使ってみた感想としましては、音声入力でサクサクと素早く下書きをして、後から修正するのがベストな使い方かなと感じています。

認識が凄いので、普通に喋っているだけでどんどん文字が入力されていくのは面白いですよ。
まだ使ったことがない方は是非試してみてはどうでしょうか。

以上、Androidスマホのgoogle音声入力が便利。使い方・メリット・デメリットまとめと言うお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です