WordPressの初期設定は難しい?本当に大事なのは3つだけなので簡単です

こんにちは。会社員飽きたので辞めちゃいました、たまりこ@tamariko_mediaです。

ワードプレスを導入したのは良いけど初期設定が多すぎてよく分からないって方は多いと思います。

実際私もワードプレスをインストールしたばかりの時は設定する項目が多すぎてパニックになりました。このページでは細かい設定はとりあえず置いといて、「これだけは絶対やっとくべき!」と言う設定だけを3つ厳選して紹介しています。

逆にこの3つだけ最初に設定しておけば、残りは後から気になればいじっていけば良いものばかりです。これさえやっとけば問題なしの3選です。

それではぞうぞ。

アドレスをhttpsに変更する

httpsの意味

ここではブログのURLを「https://」から始まるものに変更します。初期設定では「http://」から始まるものとなっているはずです。

そのままでもURLとしては機能しているのですが、「https://」から始まるアドレスの方がセキュリティ的に優れています。あなたのブログを見に切れくれたユーザー目線でも「https://」のURLの方が安心出来ると言う訳です。

初めに設定するだけで良いので、この機会に設定を終わらせてしまいましょう。

ワードプレス側の設定

ワードプレス管理画面にログインします。
①左側のメニューから『設定』にカーソルを合わせます。
②『一般』をクリックします。

こちらにアドレスの「http」の部分を「https」に変更します。
両方とも「http」の後に『s』を1つ付け足して「https」になっていれば大丈夫です。

エックスサーバー側の設定

次にこちらからエックスサーバーのインフォパネルにログインしましょう。
エックスサーバーインフォパネル

ログインIDとパスワードを入力します。

少し下にスクロールして行き、サーバーパネルにログインします。

『.htaccess編集』をクリックします。

設定したいドメインを選択します。

①上のタブを『.htaccess編集』に変更します。
②『.htaccess』の上にこちらをコピー&ペーストしましょう。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]

</IfModule>

①このようになればOKです。
②『.htaccessを編集する(確認)』をクリックしましょう。
③次ページ右下の『.htaccessを編集する(確定)』をクリックしましょう。

チェックしてみよう

以上で「https://」から始まるURLに変更されましたので、ちゃんと変更されているかチェックしてみましょう。

あなたのブログのURL「htpp://◯◯◯◯◯.com」にアクセスしてみて下さい。
この時に「https://◯◯◯◯◯.com」と『s』が付いていたら設定が成功しています。

パーマリンク設定の変更

ワードプレス管理画面にログインします。
①左側のメニューから『設定』にカーソルを合わせます。
②『パーマリンク設定』をクリックします。

①『カスタム構造』にチェックを入れます。
②空欄に『/%postname%』と入力します。
③少し下にスクロールして『変更と保存』をクリックします。

以上でパーマリンクの設定は完了です。
記事投稿画面にいってみましょう。

この編集ボタンを押せば記事のURLを変更出来ます。初めは日本語になっていると思いますが、日本語だとURLがとても長くなってしまうので、適当に英語に変更しましょう。

例えばこの記事ならワードプレスの初期設定を説明する記事なので、「wordpress」「Initial setting」などです。
翻訳機能を活用しながらそれっぽい英単語を入力しましょう。

ブログのタイトルを決める

ワードプレス管理画面にログインします。
①左側のメニューから『設定』にカーソルを合わせます。
②『一般』をクリックします。

①正式なブログ名を入力しましょう。検索エンジンで検索された時にも表示されるタイトルになります。
②こちらは空欄のままで問題ございません。

ブログタイトルも後から変更することが出来るのですが、ブログタイトルはお店の看板みたいな物なので、コロコロ変更するものではないです。この先ずっと使っていけそうなタイトルを考えましょう。

まとめ

以上でワードプレスをインストールして最初に設定したい項目3点でした。

これ以外の設定は、気に入らなければ後から変更出来るものばかりです。

逆にこの3つは比較的後から変更しづらい設定項目になりますので、最初に決めてしまいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です